どうすれば失敗しない?Accessの移行先

業務システム開発ツールとして企業内に深く浸透したAccess

Microsoft Access(アクセス)はExcel(エクセル)と並んで、企業内によく浸透しているソフトウェアです。プログラミングの知識がない人でも簡単にデータベースアプリを作成できるため、顧客管理や商品管理、売り上げ管理などExcelでは手に負えなくなった業務管理に活用されています。しかしAccessのバージョンアップや社内PCのリプレイスなどの影響で動作が不安定になったり、開発者の老齢化や退職により保守管理できなくなったりするといった課題もあります。本資料では、このような課題が顕在化した場合に適切な移行先を見つけるための考え方をシステムの規模と業務要件、人材スキルの観点から解説した資料をホワイトペーパーにしました。

ホワイトペーパー目次

  • 業務システム開発ツールとして企業名に深く浸透したAccess
    - 低コストで使える最も身近なデータベース
  • Accessデータベースを使い続けるリスク
    - IT環境の変化と働き方改革によるニーズの変化
    - 業務システムの保守・メンテナンスと人材スキル
    - Access課題の本質
  • 脱Accessを検討する際の考え方
  • Forguncyによる脱Accessの利点
    - AccessシステムをForguncyで置き換えた事例
  • まとめ

資料をご希望する方はフォームに必要事項をご入力ください。

お客様情報

ご入力いただいた個人情報は、お問合せの内容についての回答や製品情報をご提供する際の連絡先とさせていただきます。個人情報のお取り扱いについては、グレープシティの個人情報保護指針に従います。